アメリカに移住してスマブラで生活できるのか問題

今やスマブラの本場はアメリカ


Melee、スマ4の今熱い2大スマブラは、完全にアメリカと格差があります。Huge gapです。

発売当初はそれほど差を感じなかったんだけどやるたびやるたび差を感じますね。

大会の多さ、プロとしての覚悟、生活がかかっているなど考えれば考えるほどアメリカの環境のほうが、プロの育つレベルは高くなっていくと思います。

じゃあアメリカに住んでスマブラすればいいじゃん!


って考え始めたのが去年の夏〜秋にかけてですね。

もともと大学院修了後1、2年は絶対に就活しないでゲームに打ち込もうと思ってたので、そこそこ貯金はしてました。サンキューLG。

日本と海外で契約結ぶのってお金がかかるし、大変なんですよ。

アメリカ住んじゃえば大会への遠征費も抑えられて、メディア露出も増えてWin-Win。

ローカル大会が活発な地域に行けば、少額ではあるけど収入が増えるし、ちょっと現実的に見えたんですよね。

立ち塞がるビザの壁


結構簡単に移住できんじゃね?って考えてたんですけど、調べれば調べるほどこのビザの壁が高いんですよね。

ビザっていうのはこの国に入ってもいいよって許可してもらう査証です。

日本人はビザ免除プログラムが適用されるので90日までの短期なら申請だけでOKです。

ただ長期間滞在するとなるとこのビザが必要です。

歴史に学ぼうとしてもアメリカに移住しました、ビザ取りました、みたいな前例が見当たらない。(あったら紹介して欲しい

この僕の苦悩は誰かしらに役立つかもしれないので書いときます。

ビザの種類


大前提としてあるのが、ビザの内容にあった仕事しかできません

バイトなどをしてアメリカ人の雇用を奪うことは原則できません。

違法アルバイターなんていくらでもいると思うけど、知名度が高くなればなるほどリスクにしかならない…。

それで僕が利用できると思ったビザは下記の通りです。

  • ESTA (ビザ免除プログラム)
  • 学生ビザ
  • 婚約者ビザ
  • グリーンカード抽選プログラム
  • 就労ビザ
  • 就労ビザ (スポーツビザ)

ESTA


これよっぽどひどいことしてなければ誰でも通ります。

90日以内には出国をしなければ行けないという制約があります。

契約するような仕事・バイトはできません。

学生ビザ


僕は修士課程終わろうとしてるし、結構遅いからだめですw

特に学び直したいということもないですしねー。

まだ高校生、大学生のうちならこのビザとってアメリカ修行っていうのはありだと思います。

ただアメリカへの留学費って馬鹿にならないんで、ギフト勢専用択な気もします。

あとこの学生ビザがおすすめできる理由がもう2つあります。

1つは普通のビザだとアルバイトすら出来ないんですけど、学生ビザ取るとキャンパス内ではアルバイトできるらしいです。

スキマ時間でお金稼げるのは素晴らしい。

もう1つは卒業後にも他ビザ取りやすくなるってところですね。

普通の就労ビザとは別に、1年間は留学生の案内係みたいな職業みたいなのにもつけるとか。

婚約者ビザ


アメリカに住みたければアメリカ人と結婚すればええんや…!

ただ審査されるときに収入がないと「夫さんのご職業は?無職?」ってなる可能性がありそうです。

このビザ経由してグリーンカード取得しやすそうなのもGood。

婚約者がいないという点を除けばなかなか強めのビザですね。

グリーンカード抽選プログラム


アメリカは定期的に違う人種を自国に取り入れてます。基本的には人数が少ない地域とか取るとかが多いらしいですね。

この運ゲーを通せば誰でもアメリカに住めます。

しかもグリーンカードは持ってればアメリカ人と同様に働けます。

ただトランプに変わってからはいつなくなるかはわかりません。

就労ビザ


アメリカで働くなら、アメリカ人にはない特別な技能を持っていなければいけません。

なので普通のH系のビザならば、大学院を修了したとか、企業の推薦などが必要になります。

ただ問題としてこの専門の仕事以外一切できないんですよね。バイトもUberドライバーも無理。

スマブラしたいのにこの専門の仕事しかしちゃいけないとなるとアメリカにいる意味は…?

就労ビザ (スポーツビザ)


今ではesports選手としてスポーツビザがおります。

これなら配信者として、選手としてメディアに出る仕事ができます。

ただバイトはできません。Uberドライバーやりたいのに!

難易度の高さとしては、アメリカの名のある大会で実績を残し、且つアメリカ企業からの推薦をもらい、且つその企業と契約し続けるってところです。

1番難しいけど、スマブラをして生きていくのであればこれが1番そうですね。

修行したいからアメリカに住みたいのに、その前に活躍しなければいけないという矛盾も抱えてます。

ESTAで90日に1回日本に帰る択が1番現実的か…?


1度は本気で住んで打ち込んで、自分がどこまで強くなれるのか、どこまでネイティブの人と会話できるのかとか試してみたいんですよね。

ただ現状のきっちり仕事を区別するやり方って古臭くて嫌ですね。

僕がUberドライバーやっても良くない?スキマ時間で収入があれば精神的に安定するとも思うんですよね。

なにかいい案知ってる人いたらぜひ教えてくださいw

0 件のコメント :

コメントを投稿